Updating mozilla

This error is caused by inconsistent file versions ("application.ini" and/or "platform.ini" and possibly others).

The problem may be a security program such as Zone Alarm Extreme Security (see below) that is preventing changes to your Mozilla application files after an update.

Firefoxは、Googleが提供するSafe Browsing APIを利用して、ユーザーがフィッシング詐欺にあったり、マルウェア(悪意のあるソフトウェア) に汚染されたりすることを防いでいる。Firefox 3の時点でこのメカニズムは確立されており、Firefox 3.0.5ではAPIのバージョンをv2.1からv2.2に引き上げたが、その差はわずかだ。そして、Firefox 3.5は一連のメカニズムをそのまま引き継ぐ。Firefoxのユーザーが偽装サイト*1(フィッシング詐欺サイト)として報告されているWebページにアクセスすると、警告画面が表示される。そこでは具体的な被害の例が示され、引き返すことを強く推奨される。マルウェアを配布する攻撃サイト*2でも同様だが、偽装サイトと違い、ページを読み込んでから警告画面を出しても、既にマルウェアのインストールが始まっていて手遅れという可能性があるため、読み込み自体をブロックする仕組みになっている。 Firefoxが特定のWebサイトを偽装サイトや攻撃サイト(以下「危険サイト」と総称)であると識別するためには、照合用のデータベースが必要だ。大元となるデータベースを構築して、危険サイトのデータをクライアントに送っているのはGoogleである。Firefoxは定められた通信手順(プロトコル)によってデータを取得し、照合に用いる。ユーザーが手元に保持するデータベースは、urlclassifier3.sqliteという名のSQLite形式のファイルである。『Developer's Guide - Google Safe Browsing API』によれば、最初のアップデートはFirefoxの起動から5分以内に実施される。次のアップデートは15〜30分後に行われ、それ以降のアップデートは25〜30分おきとなる。*3このような形で危険サイトのブラックリストができあがる。これをレギュラー・モードと呼ぶが、Firefox 2では、エンハンスト・モード(Enhanced Mode)を利用することもできた。安全なサイトのリスト(ホワイトリスト)をクライアント側に保存しておき、このリストに該当しないページについては、URLをすべてGoogleのサーバー側データベースに送ってチェックさせるモードである。前記のとおり、Firefoxは短い間隔で定期的にデータを受け取っているものの、サーバー側のデータベースとは一定のタイムラグが生じる。エンハンスト・モードは、URLを送ることでプライバシーを犠牲にしつつ、サーバー側の最新データを利用することで安全性を高めるものといえよう。*4しかし、このモードは、利用頻度などが考慮されてFirefox 3において削除された。Firefox 3では唯一のモードとなったレギュラー・モードについて、もう少し詳しく見てみよう。『Client specification for the Google Safe Browsing v2.2 protocol』によれば、Googleのサーバーは、最初の接続時に最も価値のあるデータ(たとえば直近のデータ)をクライアントに送り、以後差分を送信し続ける。その際、危険サイトのURLはハッシュ値と呼ばれる暗号化されたデータに変換されているのだが、いったんSHA-256というアルゴリズムで256ビットのハッシュ値を生成*5した後、その先頭または最後尾の32ビットだけをクライアントに送る仕様となっている。なぜこのような手間をかけるのかといえば、ユーザー側データベースのサイズと通信負担を最小限に抑えるためである。Firefoxは、urlclassifier3.sqliteの中に、この32ビットの暗号データを大量に保管しているわけだ。Webページなどにアクセスするたびに、FirefoxはそのURLを同じSHA-256アルゴリズムで暗号化し、先頭の32ビットを取り出して、蓄積されたデータと照合する。もちろん、ハッシュ値の一部を切り取って用いているので、データと一致したとしても本当に危険サイトの場合もあれば、偶然という場合もありうる。そこで、最初の照合で陽性反応が出たときは、FirefoxはGoogleのサーバーに要求して、本来のハッシュ値(256ビット)を取得し、256ビットのデータ同士で再度照合を行う。このハッシュ値はURLに固有のデータなので、二度目の照合でも一致したときは、ユーザーがアクセスしたサイトは危険サイトと判定される。その後は前述したメカニズムが作動することになる。 /** * Clients updating the url-classifier database have the option of sending * partial (32-bit) hashes of URL fragments to be blacklisted.

If the * url-classifier encounters one of these truncated hashes, it will ask * an ns IUrl Classifier Completer instance to asynchronously provide the * complete hash, along with some associated metadata.

You should then delete the program folder for your Mozilla browser and run the installer you previously downloaded.

For detailed Firefox instructions, see Standard diagnostic - Firefox#Clean reinstall.

If the browser starts when you run it in Safe Mode, it's likely that an extension or, in Firefox 4 and above, hardware acceleration is causing the problem.

*/」との記述も見られる。このように、FirefoxがまずGoogleから送られてきた32ビットのデータを利用し、必要なときだけ256ビットのフルデータを利用する仕組みになっていることが、コードからも確認できる。なお、"Bug 461891 - switch to using v2.2 safebrowsing servers"のコメントによれば、v2.1プロトコルとv2.2の違いは、リストの隙間を埋めるため空のチャンク(データ塊)をサーバーが送信できるようになったことだけだという。*6 Firefox 3以降の危険サイト対策は、他のWebブラウザと同じなのか、違うのか。たとえば、Google Chrome(以下Chrome)については、Chromium Blogの『Understanding Phishing and Malware Protection in Google Chrome』でメカニズムが解説されている。その内容を読むと、Firefoxと同じ仕組みであることがわかる。Chromeは、起動から5分以内にGoogleのサーバーにアクセスして危険サイトのリストを取得し、以後半時間ごとにリストを更新する。このリストはユーザーのコンピューターに保存され、Webブラウジング中は常に照合が行われる。SHA-256を用いて256ビットのハッシュ値を生成するが、最初の32ビットだけをユーザーの手元にダウンロードすることで、データベースのサイズと通信コストを節約している。照合の際は、アクセスしたWebページやリソース(Java ScriptやFlashムービー)のURLも同様にハッシュ値を算出し、リストと比較。32ビットについて一致したときは、Googleのサーバーにそのハッシュ値を送信して、256ビットのフルハッシュ値を取得する。このように、送信されるのは基本的に32ビットのハッシュ値だけなので、ユーザーのプライバシーが守られるとGoogleは説明している。ただ、Google Chrome Helpの『General Privacy : Safe Browsing』では、通常のログ情報(IPアドレスや場合によってはクッキー)を受け取ることもあるとしているが、これはサーバーとやりとりを行う以上やむを得ないだろう。なお、この32ビットのハッシュ値に該当するURLは上で述べたように複数あるため、ユーザーがアクセスしたWebページが特定されることはない。*7Chromium Blogでは明言されていないものの、ChromeがSafe Browsing APIを使用しているのは明らかだ。常識的に考えても、かなりのコストをかけて開発・維持しているシステムを使わない理由がない。プロトコルのバージョンも最新のv2.2であると判断して間違いないだろう。このSafe Browsing APIを利用するもう一つのWebブラウザが、意外にもSafariである。Mac Journals.comは、Safari 3.2がSafe Browsing v2.1プロトコルを利用して危険サイトの判定を行っていると報じている(『Inside Safari 3.2’s anti-phishing features』*8)。Appleが詳細を明らかにしていないため、Mac Journalsの独自分析に基づいてはいるものの、記述を読むかぎり信用してよさそうだ。ちなみに、記事は昨年11月時点のものであり、現在ではv2.2プロトコルにアップデートされていることだろう。 Operaは独自の危険サイト対策機能を実装している。これに関しては、id:saiton氏のブログ「A blog?

with Σαιτω」に解説がある。『Anti-Phishing エンジン』によれば、Opera 9.5以降は、フィッシング防止機能について、Phish TankとNetcraftのデータを利用している。また、『Opera Press Release』によれば、Opera 9.5はHaute Secureと提携してマルウェア対策を行うようになった。具体的な手順は、Opera Softwareが出している『Fraud Protection』を見ると分かる。 Internet Explorer 8(IE8)は、Smart Screenという危険サイト対策機能を新しく搭載した。解説は既にあちこちでされているが、『Windows Internet Explorer 8 Privacy Statement』の記述は公式のものなので、最も信頼できる部類に入るだろう。それによれば、Smart Screenフィルターは次のように動作する。ユーザーがIE8でWebサイトを訪れると、IE8はまずユーザーのコンピューターに保管されたリストと照合を行う。このリストは、トラフィックの多いWebサイトの中からMicrosoftが信頼できると認めたものから構成されている。つまりホワイトリストだ。ホワイトリストにないアドレスとユーザーがダウンロードするファイルのアドレス*9は、Microsoftに送信され、サーバー側のリストと照合が行われる。こちらのリストは、Microsoftが危険または疑わしいと判断したWebサイトやダウンロードURLから構成され、頻繁に更新されているものだ。ユーザーは、Smart Screenを自動的に機能させることもできるし、手動で個別にWebサイトのチェックを行うこともできる。Microsoftに送信される情報は暗号化されたものだが、アドレスには検索語などのユーザーが入力した情報も含まれることがあるという。たとえば、「」というフルアドレスが送信されることになる。Microsoftの説明では、こうした情報は個人情報を除去するようフィルタリングされるし、残ったものも個人の特定、連絡、あるいはターゲット広告には使用しないとのことである。ただ、Smart Screenフィルターの利用状況、つまりWebサイトの訪問時間や訪問総数が、ときどき分析のためMicrosoftに送信される。また、ダウンロードされたファイルの名前やファイルパスが送信されることがある。さらに、Webサイトのアドレスが送信される際、ブラウザやOSのバージョン、Smart Screenフィルターのバージョン、ブラウザの言語、そのサイトで互換性ビューが有効かといった情報が付属することもある。加えて、IE8がランダムに生成したユニーク識別子も送信される。これらの情報は、パフォーマンスを分析し、製品とサービスの品質を改善するためにのみ利用されるという。気になるのは、IE7のころと少し手順が変わっている点だ。IE7のPrivacy Statementを見ると、フルアドレスを送信することはないとしている。たとえば、上の例で言えば、「?

The slowdown may be caused by an extension, but it might also be a web page, another program, or resource utilization (CPU, memory, disk IO) at levels high enough to impact one or more application. The most recent errors in the Error Console will identify the script that was running.

But note, in some cases the add-on/extension causing the problem is not the one identified in the messages.

Search for updating mozilla:

updating mozilla-54

Rename "js3250.dll" to "Xjs3250.dll" and then rename the backup file to "js3250.dll".

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

One thought on “updating mozilla”

  1. Platz: Ad Vertum AG Versicherungsmakler, Stuttgart2. Platz: Filialdirektion Klaus Günter & Partner, Zurich Gruppe, Kitzingen2. Platz: Ad Vertum AG Versicherungsmakler, Stuttgart2. Platz: Klaus Günter & Partner, Zurich Gruppe, Kitzingen2. Platz: hepago Versicherungsvermittlung Gmb H, Nürnberger Versicherungsgruppe, Mering Deutscher Versicherungsmakler 20111.